株式会社 堀内電機製作所
  サイトマップ
LMS-S300e
プリント基板用レーザマーキングシステム
インラインレーザマーキングシステム

プリント基板用レーザマーキングシステム「LMS-S300e」はCOレーザマーカを搭載した、プリント基板印字専用のレーザマーキング装置です。 専用付属ソフトで製作したデータのほか、BMPなどの画像データも印字が可能です。

投入された基板に対し自動的にマーキングを行うため、作業者の負担が軽減。生産効率の向上に繋がります。
また、オプションの画像処理カメラを使えば基板の位置補正・表裏判別など多彩な機能を追加する事が可能です。
LMS-S300e
特長

簡単操作

操作性に優れたタッチパネルの採用により作業者が的確かつ直感的に操作する事が出来ます。品種の登録や編集、印字条件の設定などすべての動作をタッチパネル一つで行うことが可能です。





用途に合わせた特注対応

大型基板への対応やプリント基板以外への印字など、お客様の用途に合わせたカスタマイズが可能です。


LMS-S300e
スペック

品名 プリント基板用レーザマーキングシステム
型式 LMS-S300e
対象基板サイズ(mm) min 50 × 50 ~ 280 × 280
対象基板厚(mm) min 0.6 ~ max 2.2
実装部品高さ(mm) max 30
印字エリア 基板全面
搬送高さ(mm) 床面より 900 (±30)
搬送方向 ご注文時指定
搬送基準 手前(奥基準も対応可能)
搬送方法 ベルト搬送
XYテーブル軸数 XY2軸 (各軸1000/sec)
XYテーブル精度(μm) 位置繰り返し精度 ±20
搭載レーザマーカ 12W CO2レーザマーカ LSS-S075VAH
電源 AC100V ±10% 50/60Hz 1200VA
圧力 0.5 ~ 0.6Mpa 1.5L/min
重量(Kg) 410
寸法 W×H×D(mm) 1416.6 × 1123.2 × 1103.2

高周波利用設備申請について

CO2レーザマーカは電波法対象製品になりますので、設置の際は管轄機関(総務通信局)へ「高周波利用設備許可申請書」の届出、許可が必要になります。高周波利用設備申請におけるご案内はこちらからダウンロード頂けます。


お問い合わせ